学童保育について話し合いましょう!

この記事は約1分で読めます。

「学びの場が足りない!」

 率直な私の意見です。

 本で勉強するにはお金がかかるし、研修に参加するにもお金がかかってしまう…

 お金お金お金お金お金…

 本を発行するのにお金がかかるのもわかるし、研修を開催するのに会場費やその他諸々の費用がかかるのもわかる。

 資質向上のためには必要な出費かな…

 「いや、そんなことはないだろ!!!」

 「インターネットを利用すれば、無料でできるやん!」
 
 「さらに好きな時間に好きな場所で学ぶことができるし、より多くの人とも意見交流がすることができるし最高やん!」

 と思ってインターネットで調べてみるものの、あんまり参考になるようなサイトがない…

 やっぱり無料では無理なんかな…

 「いや、ちょっと待てよ、自分自身で学びの場をつくっていけばいいんや!」

 と思い、今に至ります。

 このサイトが私、そしてみなさんにとっての学びの場となるためには、みなさんの意見(コメント)が必要不可欠です!

 また、けん玉検定シートやオリジナルカードゲームなどの資料についても共有していける場にしようと思っています!

 どうぞ支援員としての資質向上のため、ひいては学童保育の発展のためにみなさんのお力添えをよろしくお願い致します!

コメント

  1. 正木 より:

    Twitterにリプライいただいたので。

    同じ学童の支援員、補助員の方々はどうなんでしょう?
    また近隣の学童の支援員、補助員とのつながりはどうでしょうか?
    他には学童保育連絡協議会や指導員の労働組合などで、そうした学び合いの場などはないんでしょうか?

    • いかりん いかりん より:

      コメントありがとうございます!

      同じ学童の支援員や補助員とは勤務中は話し合いますが、勤務外ではほとんど話しません。
      近隣の学童の支援員、補助員とのつながりは市の研修などで出会うのでお互いに認識はしていますが、特別に学び合いの場を設けるようなことはしていません。
      指導員の労働組合についてはあまり存じ上げないのですが、全国学童保育研究集会や全国指導員学校などには参加しています。

      質問に対する回答になっているでしょうか?

      意識の高い支援員が自らコミュニティをつくって学び合いの場を設けている事実はちらほら耳にします。
      ただ、プライベートの時間を削ってしかもあまり認識のない方とコミュニケーションをとることに抵抗を感じる方々がいるのもまた事実です。
      そんな学びたくても学ぶことができない方々にとって学びの場になるようなサイトにしていきたいと考えています。

タイトルとURLをコピーしました